1. ホーム>
  2. 収蔵資料

収蔵資料

主な収蔵品


南蛮貿易を物語る品々

南蛮人来朝之図
南蛮人来朝之図

[なんばんじんらいちょうのず]
(国認定重要美術品)17世紀初期

南蛮屏風は南蛮船の入港や西洋人の風俗を描いたものです。近世初期の長崎は、南蛮貿易によって賑わいました。
このほか当時の貿易をしのばせる南蛮漆器や南蛮鍔、世界地図など多くの資料があります。


「ニッポンを西洋に紹介した絵師」

蘭館図(蘭船入港図)
 蘭館図(蘭船入港図)
唐館図(龍踊図)
 唐館図(龍踊図)
唐蘭館図

[とうらんかんず]
(国認定重要美術品) 川原慶賀筆 19世紀

出島オランダ商館医シーボルトの専属絵師として活躍した川原慶賀の作品は、その多くが西洋へ伝えられ、
ニッポンを海外に紹介しました。慶賀の作品は、日本の風景や生活、動植物などを写実的に描いており、
当時の状況を知ることができる貴重な資料です。


新風を吹き込んだ長崎派絵画

麒麟図

[きりんず]
沈南蘋(しんなんぴん)筆 18世紀

江戸時代、長崎では黄檗(おうばく)派、漢画、南蘋派、南画、洋風画が流行し、これら長崎派の絵画は、当時の日本画壇に新風を吹き込み、多大な影響を与えました。
この麒麟図は大幅で堂々たる作風を示した傑作です。
写実的で色彩豊かな沈南蘋の絵は、将軍や大名たちにも好まれました。

麒麟図
 麒麟図

日本の異国趣味

伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット

[でんしーぼるとけんじょうぎやまんさけつぎせっと]
19世紀初期

本製品は、シーボルトが諫早侯に献上したという伝承があります。ガラスはビードロまたはギヤマンと呼ばれ、たいへん珍重されました。当時、ガラスのほか に、オランダ船や唐船がもたらす陶磁器、更紗(さらさ)、金唐革(きんからかわ)などは、異国趣味として日本人を魅了しました。

伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット
 伝シーボルト献上ギヤマン酒次セット

ヨーロッパ人の異国趣味

青貝細工机

[あおがいざいくつくえ]
19世紀

わが国の漆器や陶磁器は、長崎から大量に輸出されました。これらの品々は東洋趣味としてヨーロッパ人を魅了し、王侯貴族のステータスシンボルとして珍重されました。

青貝細工机
 青貝細工机

長崎で開花した工芸品

亀山焼桐ニ鳳凰染付大鉢

[かめやまやききりにほうおうそめつけおおばち]
亀山焼 19世紀

中国の文人趣味の影響を受けた長崎の亀山焼は、最初は陶器の水瓶を製作しましたが、後には中国から呉須(ごす)や土を輸入し、上質の磁器を製作しました。 オランダや中国との交流を通じて、長崎では海外の影響を受けた陶磁器、ガラス、べっ甲、刺繍など、独自の工芸品が生産されました。

亀山焼/桐ニ鳳凰染付大鉢
 亀山焼/桐ニ鳳凰染付大鉢

刺繍入獅子舞唐子衣裳

[ししゅういりししまいからこいしょう]
長崎刺繍

江戸時代中期、「唐風縫箔(からふうほうはく)」の名で長崎刺繍は発展しました。中国人より伝えたれた中国刺繍の技術が基になっており、金糸銀糸を使った 中国風の図柄から、次第に動物・魚など長崎の絵師が下絵を描いた独特なものとなりました。長崎諏訪神社の大祭「くんち」で踊町の衣裳や傘鉾に残されてきた ものがよく知られています。

長崎刺繍/刺繍入獅子舞唐子衣裳
 長崎刺繍/刺繍入獅子舞唐子衣裳

海外貿易のかなめ「長崎奉行所」

犯科帳

[はんかちょう]
17~19世紀

江戸時代、幕府直轄地の長崎奉行所には、127代にわたる奉行の足跡が刻まれました。密貿易事件など200年間もの裁判記録をつづった「犯科帳」をはじめ、安政二年「日蘭条約書」(国指定重要文化財)など、長崎ならではの海外交流史を物語る貴重な歴史資料があります。

犯科帳
 犯科帳

日本写真術の創始者

上野彦馬写真機

[うえのひこましゃしんき]

上野彦馬は、オランダの医師ポンペのもとで舎密学(化学)を学ぶうちに写真と出会い、スイス人写真家ロッシェのもとで写真技術の指導を受けました。金星観測では撮影助手、西南戦争では従軍し戦跡を撮影しました。この写真機は上野彦馬の写場で使用されたものです。

上野彦馬写真機
 上野彦馬写真機

ページの先頭へ

資料検索


全収蔵資料検索


全収蔵文書・図書検索




■明治・大正期の新聞(マイクロフィルム・ポジフィルム)の閲覧について


この度、明治・大正期の新聞(マイクロフィルム・ポジ)のデジタル化作業のため次の資料の閲覧ができなくなります。
同資料のネガフィルムは閲覧可能です。
デジタル化作業は今年度中の完成を目標に進めております。利用者の方々にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解、ご協力のほど宜しくお願いいたします。


●閲覧できない新聞: 西海新聞、長崎新聞(旧)、鎮西日報、東洋日の出新聞、九州日之出新聞、長崎日日新聞、長崎自由新聞、長崎新報


●閲覧できない期間: 平成28年12月2日 ~ 平成29年3月31日(予定)


ページの先頭へ